1/7

◯まえがきでもあり、サバティカルな意味では本文でもある、あとがき

◯そもそもの発端は、「遠足しよう」というお決まりのフレーズで定期的にあちこち出向いていた集まりでした。
そのなかの1人が、ふとした確信から発した、「展示をやってみよう」という一言。私たちはなぜサバカンを始めたかったのか。なにをしようと思っているのか。「夕方帰宅してみると」あとがき。まずは少し遠回りして、その話から始めます。


Sabbatical Companyとは
グループ名ではなく、活動のあり方を示すものとしてつけた名称です。

決定当初繰り返し確認されたのが「言葉になる手前の時間」を共に過ごそう、ということでした。


◯私たちはパズルが完成する前に額を用意する必要はなく、そもそも解くべきパズルを事前に用意することもしなくていい。人と人とが集ろうとする動機は理由をつけるまでもなく、意味があるはずだから、その意味が生まれる前の時間を、最も生産性のある場として捉え直すような活動はできないだろうか。それはきっと、手を取り合って生きていくのとは少し違う、持続された各自の人生に別の時間を確保するようなもの。ひとりでは見られない景色をみようと、Sabbatical Companyはスタートをきりました。

●「夕方帰宅してみると」開催期間・・・14日間(2016年1月16日/土~2月7日/日)

●作品のみが展示される日・・・7日間

●作品が展示されるなか、パブが開催される日・・・7日間(展示期間中の金曜と土曜)

●作品が展示されるなか、演劇が展開され、パブが開催される日・・・2日間(2016年2月5日/金、2月6日/土)

 

●パブとはパブリック・ハウスの略称であり、公に開かれた場/公共の家という意味からきている。

(ミルクイースト パブナイト―イン・タヴァン・エールハウス企画者http://milkystorage.tumblr.com/2015-08-pub-about(2016年3月6日))

 

●「2日間だけ、展覧会に作品がひとつ増えたと思ってもらえたら。」

(根本コースケ、松田早穂 2016年1月11日 milkyeast 内入り時のSabbatical Companyとの打ち合わせより)

◯作品は現実かフィクションか。展示は現実かフィクションか。
2月5日、6日、ベビー・ピーの2人の予告通り、45分間隔で一回約15分、初日7回、2日目10回、全17回の公演が2日間において「展示」されます。役者の1人は上演が終わるとともにmilkyeastの建物を出て、時間になると役柄を変えて戻ってくる。残された側の役者は机の前におかれた椅子に座り続け、次の公演前には残った側から迎え入れる側に存在を変えている。そうやって一回ずつ役を交代しながら、物語を起動しつづけることで、役者2人はmilkyeastの建物の中の空気と、外の空気をゆるやかに循環させていきました。
また、サバカンとミルク倉庫のメンバーは、机の前に座っている役者にお茶を出すという関わりを毎公演もつことで、現実と演劇の境を行き来します。パブと演劇の組合わされる夜のクライマックスは、セリフと、キッチンの音が共存する(役者2人が、料理の匂いを嗅ぎながら)時間帯。建物も、展示作品も、その中にいる人間も全て巻き込んで、共有した物語「夕方帰宅してみると」が輪郭をみせた瞬間でした。作られたもの、作られた建物、作られた物語、作る人。現実とフィクションは遠いようで近く、また相互の存在のありかたは直線的ではない。例えるならばそれぞれに結晶を育てるようなものだったのではないかと、2日間を振り返ります。

●「安息日を語源とし、専門性を磨く創造的な長期休暇を意味するSabbatical。
共にパンを食べる仲間を語源とするCompany。Sabbatical Company - 通称サバカン。
これは、いつでもサバティカルな時間をつくりだすことを目的にした同世代4人による活動名称です」
(Sabbatical Company「About SABBATICAL COMPANY」http://www.sabbaticalcompany.com/about(2016年3月6日))

◯果たしてサバティカルな時間とは。
それはたぶん、名もなき道を進み、名もなき時間を過ごすこと。進んでいく地平に先に道をひくのではなく、進んで行ったあとで、振り返ったときにできている足跡を、私たちは楽しみにしたいと思います。


◯最後に、サバカンの旗揚げに立ち会ってくださり、上昇気流を創って下さったミルク倉庫の皆様と、ベビー・ピーの根本コースケ氏、松田早穂氏に感謝の気持ちを記し、「夕方帰宅してみると」のあとがきにかえさせていただきます。 

2016年4月 Sabbatical Company

 

website

ミルク倉庫  http://www.milksouko.com/

ベビー・ピー http://baby-pee.jimdo.com/

 

 

・History PDF

・Statement PDF

・DM PDF

© 2015 by SABBATICAL COMPANY. All Rights Reserved.